同級生の木村君

広告5

これは2016年12月8日に書いた記事です。

それを再投稿記事として文書を追加しています。
今日は中学時の友人が来てくれた

彼とは長い付き合いで。友達として中学から

美容師としては
僕が22歳の時のカットモデル時代(練習)から担当している

ある意味1番最初の『お客様』なのである。(僕のお店はカットモデルはメンズカットからだった)

今年は僕が都心のサロンに移ったので遠くなりしばらく切ることはなくなったが。

今年最後に来てくれた。

そしていつも言ってくれる。『いやーにしこ(僕のあだ名)上手くなったよなー』

初めてカットモデルで切った時は1時間半以上かかっていたのを思い出す笑

今は20分で切り終わる。


そして今日は

それにプラスして

『他とはなんか違うんだよなー。』と。

それはそうだ。僕の最初のお客様。彼の頭と髪質を99パーセント知ってるし

好みや性格も知っている。

違くて当然。だけど嬉しい。
僕はお客様の好みや性格を知りたいと思う。

そうやってお客様に1番合うスタイルを作っていくのが僕のスタイル。
お客様とは長く付き合っていきたいと。

なんて事を思った日でした。


美容師

stylist 西村貴彦

2017/04/17  晴れ
故・木村 豊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です